SCP Containment Breachの非公式攻略wikiですversionは1.3.8を取り扱わせて頂きます

SCP-96 "シャイガイ"








オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-096は常に5m×5m×5mの鋼鉄製の密封された独房に収容されています。週に1回、独房に裂け目や穴ができていないか検査します。SCP-096の独房の中に監視カメラや光学的道具を設置してはいけません。保全員は設置されている圧力センサとレーザ検出器を用いて、独房の中にSCP-096が確かにいることをチェックしてください。

███博士とO5-█から許可を得てないSCP-096の写真撮影、映像記録、録画と同等の行為は固く禁じられています。

説明: SCP-096は人型の生物で身長がおよそ2.38mあります。筋肉量がとても少なく、事前分析で軽度の栄養失調を確認されています。両腕が身体とひどく不釣り合いな長さをしており、それぞれ約1.5mの長さがあります。皮膚のほとんどに色素がなく、体毛は一切ありません。

SCP-096の顎は平均的な人間の4倍の大きさに開くことができます。顔の他の特徴は人間に似た形をしており、目を除いて、色素がありません。SCP-096が盲目か否かは判明していません。高次の脳機能の活動を示しておらず、知性があるとは考えられていません。

通常SCP-096は非常におとなしく、圧力センサによると1日の大半を東側の壁の横をうろついているだけのようです。しかし、何者かがSCP-096の顔を見ると、直接であっても、映像記録を通じてであっても、それどころか写真でみた場合ですら、ひどく苦悶し始めます。SCP-096は顔を両手で覆い、叫び始め、泣き、支離滅裂なことを叫び始めます。およそ1,2分後SCP-096は顔を見た人間に向かって走り始めます(以下顔を見た人間をSCP-096-1とする)。

35km/h〜███km/hの速度で移動することが記録されており、これはSCP-096-1からの距離に影響するとみられます。このときSCP-096の進行を妨げる方法は知られていません。SCP-096-1がどこにいてもSCP-096の反応は変わらず、本能でSCP-096-1の居場所をつきとめているようです。メモ:この反応は絵画を通した場合は起こりません(文書096-1参照)。

SCP-096-1に辿り着くと、SCP-096はSCP-096-1を殺して[データ削除済]しはじめます。100%のケースにおいてSCP-096-1は跡形も無くなりました。その後SCP-096は数分間座り込み、再び落ち着きを取り戻します。そして元の生息地の[編集済]に戻ろうとします。

甚大な連鎖反応が発生し、財団の存在が露見したり、多大な民間人の死者が出てしまうおそれがあるため、SCP-096を回収することが最優先であると見なされます。



173に並ぶ人気SCPの1つ、シャイガイさんである。極度な恥ずかしがり屋さんなため、顔を隠し、収容プロトコルの中でないていることが多い。マップ移動中に聞こえる泣き声は彼のものだ。泣き声が聞こえたらちゃんとシャイガイの顔を見て慰めてあげよう。シャイガイは喜んで主人公に抱きついてくる筈である。本来恥ずかしがり屋な筈なシャイガイだが、こいつとの初イベントの後にシャイガイの収容プロトコルのドアを開けたままにしておくとマップ移動をすることがある。ドアを開けたらSCP-173ならまだしもドアを開けたらシャイガイ即死などたまったものじゃないので気をつけよう。また、シャイガイからの逃避行はGODMODEなしでも可能である。彼はキーが掛かったドアすらこじ開けてくるが、多少の時間稼ぎにはなる。全力疾走+ドア閉め+地図のテクニックを磨いておこう。因みにこいつも障害物に引っかかることがあり、引っかかった状態でキルモーションに入ると高速でその場を回り始めるシャイガイさんを見ることが出来る。和みすぎるとオールドマンにやられるのでスクショor撮影をしたらすぐにその場を離れよう。
























少なくとも撮った画像はネットに上げないように


コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

ゲーム攻略へのヒント

登場SCP一覧

施設内設備

アイテム一覧

ゲーム攻略

ゲーム攻略手順

テクニック

  • テクニック?

小技・バグ

  • 小技・バグ?

【メニュー編集】

どなたでも編集できます

メンバー募集!