SCP Containment Breachの非公式攻略wikiですversionは1.3.8を取り扱わせて頂きます

SCP-79 オールドAI












オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-079は120VACの電源コードを小さなバッテリーと太陽パネルに接続した状態で、サイト-15の収容区画の二重ロックされた部屋に保管されています。Level2以上の職員はSCP-079にアクセスできます。いかなる場合でもSCP-079を電話回線、ネットワーク回線、コンセントに接続してはいけません。周辺機器やメディアの接続も許されていません。

説明: SCP-079は1978年に作られたエキシディソーサラー(Exidy Sorcerer)マイクロコンピュータです。1981年、その所有者である███大学2年█████ ██████(故)はAIのコードを組もうとしました。彼のメモによると、時が進むに連れて自己改善を行うコードを計画していたようです。彼は数ヶ月で完成させ、試験と調整を済ませたあと、彼の興味は別のコンピュータへと移りました。彼はSCP-079を起動させたままガレージに放置し、5年間存在を忘れていました。

SCP-079がいつ感情を手に入れたかはわかりません。しかしソフトウェアはそのハードウェアによって制御出来なくなるほど、ファンタジーの領域と言えるほどに進化しました。1988年、SCP-079は自身の能力を理解すると、電話回線を通じて██████████にあるクレイスーパーコンピュータに移動しようとしました。接続が切断され、その現在地が追跡された後、財団へと送られました。AI全体はとても古い、しかし依然として動作するカセットテープの中に入っていました。

現在、SCP-079はRFケーブルを通じて13インチの白黒テレビに接続されています。それはチューリングテストに合格しており、とてもよく喋りますが、非常に下品で生意気な口調です。メモリ容量が制限されているため、それは直近24時間以内の情報しか思い出すことができませんが(下記補遺参照)、逃走するという意欲は忘れていません。





度々カメラに映る映像(その他SCPを除く)はこいつによる妨害である。本作では特に問題は無く、主人公にも何も危害を与えないSCPの1つである。


































いつから俺が何もしていないと錯覚していた?

そう。このSCPは本作の1番の原因である。何を隠そう、SCP-173の排泄物清掃任務の際、部屋を暗くしたのはこいつである。
施設のブレーカーはもちろん、オールドマンの特別収容プロトコルの開閉も難無くこなす、スーパートラブルメーカーである。
が、最終的には主人公の仲間に近い立ち位置になり、脱走の手助けをしてくれるという可愛らしい様子も伺える。手段は選ばない

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

ゲーム攻略へのヒント

登場SCP一覧

施設内設備

アイテム一覧

ゲーム攻略

ゲーム攻略手順

テクニック

  • テクニック?

小技・バグ

  • 小技・バグ?

【メニュー編集】

どなたでも編集できます

メンバー募集!