SCP Containment Breachの非公式攻略wikiですversionは1.3.8を取り扱わせて頂きます

SCP-035 取り憑くマスク





オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-035は厚さ10センチメートル(4インチ)以上の密閉されたガラスケース内に保管されます。この容器は常に鋼、鉄、鉛の遮蔽材で囲まれた部屋に置いてください。部屋のドアは常に3重に施錠し、特別に許可された職員以外に出入りを許可してはいけません。常に2名以上の武装警備員が部屋の外に配置されますが、いかなる状況でも警備員の封じ込め室内への立ち入りは認められません。熟練した心理士を常に現地に配備してください。研究員はいかなる場合もSCP-035に触れてはいけません。ケースは2週間ごとに交換する必要があり、使用済みのケースは、SCP-035の"腐敗"による有害作用を受けないSCP-101を利用して処分しなければなりません。SCP-035と接触を行った者はそれに取り憑かれていないか直ちに心理分析を受ける必要があります。

説明: SCP-035は喜劇で使われる白磁の仮面のように見えますが、時に悲劇の仮面へと変わります。この際には、SCP-035の写真、映像、イラストなどを含むすべての既存の視覚的記録が自動的に新しい外観を反映するように変更されます。

SCP-035の目と口の穴からは高い腐食性と変性性を持つ粘性液体が絶えず滲み出しています。この汚染液体に触れたあらゆる物質は、物質の種類に依存した速度でゆるやかに崩壊し、元の汚染液体と同様のものへと変化します。ガラスはこの腐食の速度が最も遅いように思われるため、それと直接接触するケースの材質として最も適しています。生物による接触でも同様の反応が発生し、腐食部分が回復することはありません。液体の起源は不明です。液体は仮面の正面からしか発生せず、裏側からの発生は確認されていません。

SCP-035から1.5〜2メートル(5〜6フィート)に近寄るか、視覚的な接触を行った被験者は、それを顔に装着する強い衝動を感じます。SCP-035が被験者の顔に装着されると、本来の脳波にSCP-035由来の脳波パターンが重ね合わされ、被験者に脳死をもたらすことで事実上殺害します。その後の被験者は、自身はSCP-035が有する人格であると主張します。”取り憑かれた”被験者の肉体はかなりの速度で衰弱し、最終的にミイラ化した遺体とほぼ変わらない状態となります。被験者の身体構造が重大な損傷を被り、遺体が文字通りに腐敗して機械的な動きが不可能な状態となっても、SCP-035は肉体の意識的な制御能力を維持し続けることが実証されています。人間以外の動物の顔に装着された場合には、この現象は見られません。

SCP-035との対話では有益な情報が得られると証明されています。SCP-035が重要な事象であったと主張する多くの情報の中から、研究員は概して他のSCPオブジェクトやその経歴に関する様々な詳細情報を学んできました。SCP-035は非常に知的でカリスマ性に溢れ、全ての人に愛想よくお世辞を用いて接します。SCP-035は適用されたすべての知性と適性テストにおいて上位1パーセントの成績を修めており、一度見たものを完全に記憶する写真記憶力を有するようです。

しかし心理分析により、SCP-035は高度な人心掌握能力を持ち、対話する担当者の精神に突如として重大な変化を起こさせることが可能であると判明しました。SCP-035は極めて嗜虐的な嗜好を持ち、被験者を自殺させたり、自我をほぼ欠いた操り人形に変えたりすることを言葉だけで行います。SCP-035は人間の心の働きに関して詳細な知識を有すると述べており、十分な時間が与えられればあらゆる人間の意思を変えさせることができると仄めかしています。


コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

ゲーム攻略へのヒント

登場SCP一覧

施設内設備

アイテム一覧

ゲーム攻略

ゲーム攻略手順

テクニック

  • テクニック?

小技・バグ

  • 小技・バグ?

【メニュー編集】

どなたでも編集できます

メンバー募集!