SCP Containment Breachの非公式攻略wikiですversionは1.3.8を取り扱わせて頂きます

SCP-012 不吉な曲








オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-012は常に暗室に保管します。もし光に晒されたり、赤外線以上の周波数の光によって職員が視認してしまったら、直ちに職員を移動させ精神の健康状態の検査と即時の身体検査を実施してください。SCP-012は鋼鉄製の箱にしまい、床、壁、全ての入り口から2.5m(8ft)以上離れた状態で天井から吊り下げます。

説明: SCP-012は考古学者K.M.サンドバルによってイタリアの北部にある嵐で荒らされたばかりの墓から発掘されました。それは"ゴルゴタの丘"と題された手書きの楽譜でした。未完のようであり、ある楽譜の一部分であると考えられます。赤い/黒いインクは当初ベリーか天然の染料かと考えられていましたが、後に複数の人間の血液であると判明しました。初めに楽譜を発見した職員(サイト19特別復旧班)の内、2名の職員は気が触れ、自らの血で楽譜を完成させようとし、ついには大量の失血と内出血を負いました。

最初の調査後、複数の被験者を楽譜へ接触させました。すべての実験において被験者は自らを切り裂いて血で楽譜の一部を完成させようとし、結果精神病および重症を負いました。楽譜の一節を書き終えることのできた被験者は、その後すぐに「完成できない」と言い自殺しました。音楽を演奏してみると、各楽器のパートは他の楽器と全く関連なくハーモニーが生まれず、耳障りな不協和音が流れるだけでした。



前verまでは見ることができたようだが、今verは見ることができないようだ。このSCPが保管されていると思われしき部屋の手間に部屋の管理システムがあるが、ドアのレバーが引けず中に入ることは出来ないようだ。実績解除だけはされるだけで脱出に関することはない。このゲームだけで言えばsafeといえるだろう。因みにSCPに関する知識が無い者にとって前verでは見るだけで死ぬ初見殺しSCPだった。尚、非常にトイレットペーパーに似ていることで有名である。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

ゲーム攻略へのヒント

登場SCP一覧

施設内設備

アイテム一覧

ゲーム攻略

ゲーム攻略手順

テクニック

  • テクニック?

小技・バグ

  • 小技・バグ?

【メニュー編集】

どなたでも編集できます

メンバー募集!